2010.03.19

蜜蝋クリームを作ろう!

蜜蝋クリームに興味がわいたので早速試作をしてみました。

問題は、蜜蝋と油との割合ですがハンドクリームやワックスとして使用するなら、1対5がいいことが分かりました。
下の写真は、オリーブオイルで試作した分です。
ハンドクリームやワックスとして使用してみた感想ですが、木材への浸透性は抜群ですね。
ハンドクリームとしてもOKなのですが、乾きが悪くいつまでもベタベタ感が残ることです。
それさえ問題なければ、不純物は一切入っていないので市販の物は使いたくなくなります。
beewax20100306.jpg
油でも色々ありますが、ワックスとしての油なら、乾油性の「荏油」がいいことが分かりましたので、早速ホームセンターに買いに行きました。
マルタ一番しぼり「純正荏油」は塗料コーナーに陳列されています。
塗油なんですね。
eabura.jpg
では、早速作りましょう。
まず、入れる容器ですが、結構早く無くなるので追加でちゃちゃと作るために「ステンレス」がいいです。
ダイソーに売ってます。
beewax2010031901.jpg今回は、容器に蜜蝋を5グラム、荏油を25グラム入れレンジでチンします。
蜜蝋が溶けたら取り出します。
beewax2010031902.jpg
水を張ったボールで冷ましながらかき混ぜると早く固まります。
beewax2010031903.jpg
ほぼ冷えてしまうまでかき混ぜると完成です。
う〜〜ん30グラムはやっぱりちょっと少なすぎました。
beewax2010031904.jpgのサムネール画像
早速、洋蜂用の巣箱の蓋に塗ってみます。
綺麗に洗い乾かして目地の隙間はコーキングしておきました。
beewax2010031701.jpg
半分塗ったところです。
beewax2010031702.jpg
全部塗りました。
特に木口は入念に塗ります。
beewax2010031703.jpg
塗布後は、見たとおり濡れたような仕上がりになります。
オリーブオイルと荏油の違いですが、オリーブオイルの場合は、染みこむ感じですが、荏油の場合は、染みこみながらもちゃんと膜が出来ている感じがします。
多分、耐久性も荏油の方があるような気がします。
目的がワックスなら荏油で決まりです。
なお、食用の荏油が手に入ればハンドクリームとしてもgooだと思います。