2015.08.22

ココピート到着

100円ショップでココピートが販売されなくなって困っていたんですが、しょうがないのでデカいのを買うことにしました。

近所のホームセンターにデカいのが売ってあったんだけど、予想外の重さだったので躊躇して買いませんでした。
んで、ネットでしつこく検索してたら、塩分除去したのがあったのでちょっと高かったけど買ってみた。

これと、廃菌床を1:1でブレンドするとめっちゃいい培養土が出来ます。

最終的に土になり、土も増えるので願ったり叶ったりです。

まっ、剪定チップも1年で理想的な土になりますので、これからも併用していきます。

2015.02.09

客土と地植え

前々から客土をしたいなぁ〜と思ってたんだけど、どこに頼めばわからなかったのでできなかったんだけどやっと見つけました。

2トントラックで持ってきてもらいました。

これで、まず自然薯系を植えるところを作りました。

経費もかかるけど重労働です。

この機会に、果樹をぼちぼち地植えしたいと思い、まず大きくなりすぎたビックリグミから地植えした。

これで、今年は沢山実がつくんではなかろうか? 期待してまっせぇ~

あと、甘柿の太秋柿も植えた。

それと、なんか野菜を植えてみようと1つ作ってみた。右端のがそうだ。

ここは、デコポンをそのまま地植えしたら全く育たなかったので、客土して盛り上げてみました。

多分思惑通りに行くでしょうか?

いかんやったら時間と経費がかかっているのでガックリです。

2014.12.29

高畝床作り-2つ目

高畝床の2つ目を借りている蜂場に作ってみた。

網は、16ミリ目のビニール被覆の安いのを使用した。
幅91センチって表示してあったので、計算して2メートル買っていったら実寸は85〜6しか無かった!
おかげで、寸足らずになってしまった。

いやあ~こんだけの土を雑草バリバリの中から入れるだけでクタクタです。
ちょっとだけ、フルイに掛けたんだけど  ダンじゃありません。

即断念しました。

まっ 石ころだけは少しばかり取りながらしましたよ・・・・(T_T)

腰いてぇ~

2014.12.26

高畝床作り-初回

効率よく綺麗な超高畝を手作業で作るのはハードルが高いです。
ジャガイモなんかだといいんですが、狭い区画で効率よく畝立てできないもんかとずっと考えていたんですが、やっと考えがまとまったので実行に移してみました。

今回は、最初っということで母親の庭のスペースに作ってみました。

昨日一旦完成させたのですが、あきらかな失敗だったので、どうすればいいのか一晩考えて本日やり直しをしました。
まぁ〜最初からうまくいくとは思っていなかったのですが、中の土を一旦取り出してスレンレスの金網を張り、その内側からネットを張りました。

ワイヤーメッシュは、15センチなので畝高は30センチになります。

これで、セット自体は長く使えると思います。
中の土は多分減ってくると思いますので、その都度追加すればOKですね。

あと、角の突起物は危ないのでカッターで切ろうと思います。

内寸は、90センチになります。

ちょうどいいいんじゃね?

今回は、2メートルのワイヤーメッシュを半分に切って作りましたが、次回は2メートルの長さを活かした畝床を作りたいと思います。

2014.01.26

畑の準備

借りている蜂場の畑に炭素資材を投入した。

去年頂いてきた、キャベツとブロッコリーはとうとうダメでした。

一番いい状態のキャベツがこんな状態です。

待ってれば収穫までこぎつけるかも? しれませんが希望は薄いし邪魔になるので撤去して、

剪定チップ入れを完了させた。

あと、このまま1ヶ月ほど寝かせます。

それにしても、いまだにワイヤーメッシュにするかステンレス線入りネットにしようか決めかねています。

はよきめんば!

2013.03.03

畑を耕す

去年借りた畑の奥のエリアなんですが、一度も耕してなかったんですが今日耕しました。

耕した!と言うよりも「土起こし」の方が正解かも!
送信者 bee Album-3

前任者もこの奥のエリアは何も作ってなかったらしいんですが、竹の地下茎が凄いし、重度の粘土質です。

だから、耕したと言うよりも取り敢えず起こしました。
空気を入れるためにも!
これで、数日乾かしてから再度耕してから剪定チップと廃菌床をブチ込みたいと思います。
送信者 bee Album-3

ここにはダメ元でトウモロコシを植えて地下深く耕してもらおうかな?

2013.02.23

資材を投入

春の足音が聞こえてきてるので、空いている区画に剪定チップを入れました。

ここは、さつまいもを植える所
送信者 bee Album-3

ここは、トウモロコシを植える所

送信者 bee Album-3

ここは、まだ未定

送信者 bee Album-3

今年は、剪定チップをメインとして出来る限り廃菌床は使わないようにして一年間様子を見ようと思います。

2012.11.27

最後の芋掘り&次の準備

今年最後の芋掘りをしました。

送信者 bee Album-3
送信者 bee Album-3

この畝は結局半分くらい低くなりましたね。

そのせいか、芋が露出しています。
送信者 bee Album-3

予想に反して、収穫は振るいませんでした。

虫食いも多いです。
左から、鳴門金時芋、安納芋、紅はるかです。
なんだかんだ言って、紅はるかが一番多く収穫できました。
にしても・・・・・・レベルひくっ!
一応種芋は確保できるので、食べて美味いのを来年も作ろうと思います。
この後作に晩生の玉葱を植えるので、その準備に取り掛かります。
送信者 bee Album-3

この季節、ネキリムシが深く入っているので、耕しである程度除去しました。

あとから気づいたのですが、ミミズが一匹もいなかった。
春にこの畝を作るときに、近くから落ち葉が堆積して腐葉土化したのを大量に入れたからミミズはいても不思議ではないんだけどいなかった。
まあ、今年から炭素循環農法に転換したばかりだから、来年はもっと良くなっていると思う。
この畑は地力がついていると思うので、剪定チップをたっぷり入れ廃菌床もそこそこ入れ、畝の回りに剪定チップをこれでもか~!っというくらい入れた。
明後日、玉葱を定植する予定です。

2012.10.02

チップ来た

昨日、剪定チップを運んでいただくよう依頼していたら、約束通り本日昼頃持ってきてくれていた。

ありがとうございます。
送信者 bee Album-3

しかし、2トントラックで1杯分っていってもかなりのボリュウムです。

こりゃ、皆んなで使ってもしばらくあるぞ!
よ〜し、バンバン使うぞ!

2012.09.30

本日の作業

送信者 bee Album-3

長崎では、2トントラックで持ってきてくれるそうなのでチップ置き場を作った。

これで、一度持ってきてもらえればイチイチ取りに行かなくてもいいので超便利です。
きっと、菜園仲間も使うと思う。
いずれ、無肥料・無農薬栽培の世界に引きずり込んでしまおうと思っています。
なぜって、年に数回牛糞堆肥を買ってくるらしく、それが堪らなくクサイのだ!
鼻がひん曲がってしまいそうになるし、「おえっ」てくるんです。
時間が余ったので、今年借りた畑が草ぼうぼうで皆さんに迷惑かけてそうなので、刈払機を担いで行ってきた。
送信者 bee Album-3

すっきりした。

しかし、ここのサツマイモを植えている区域なんだけど、
送信者 bee Album-3

ほったらかしで、こんだけしか雑草が生えてこない。

特に、写真の一番奥の所なんか全く草が生えてこない。
なんか、薄気味悪い!
草が生えない「土」ってどうなんだろ!
多分俺の考えでは、雨が降ると上の段からの雨水がここを怒涛のごとく流れていく。
上の所有者は、慣行農法なので化学肥料をバリバリたっぷり使用している。
そんな化学肥料や農薬が混じった雨水がここを流れていく。
だから、土がクサイ!
う〜〜ん、強制的に流れを変えるか!

2012.08.16

剪定チップ

長崎でも剪定チップをいただける所をやっと見つけました。

しかも、2tトラックで無料で運んでくれるそうです。
送信者 bee Album-3

しかし、2tもいらないので自分で積み込みに行ってきました。

このチップの山10〜20センチ下は発酵していてかなり熱いです。
注意をしないと、中にはカビが腐ってぷはぁ~っと空気中に舞い上がります。
これ、注意しないとめちゃ体に悪いです。
それと、水と馴染まないので畑に入れないよう注意が必要です。
結局、表面の10センチ位をかき集めて貰ってきました。
送信者 bee Album-3

所どころ糸状菌が見られた。

なかなかいい感じです。
早速持って帰って、畑に入れ混ぜました。
あと、廃菌床を近いうちに貰ってきて更に混ぜ、ジャガイモを植えたいと思います。

2012.08.08

ジャガイモへ向けて

トウモロコシのピュアホワイトと枝豆を植えていた場所のマルチを剥がし、ジャガイモを植える準備にかかりました。

送信者 Bee Album-2

軽く耕したら、ミミズは居なかったけどネキリムシが2匹出てきた。

まだまだ!っていうところでしょうか。
今年から無肥料・無農薬栽培にハマっているわけですが、そして気がつけば”炭素循環農法”になっています。
それで、炭素資材として廃菌床ばかりを使用してきましたが、剪定チップも手に入ることが解りましたので、このジャガイモ栽培から使用したいと思います。
廃菌床は即効性がありますが持続性がいまいちのような気もします。
藁や剪定チップはじわじわ効いてくるタイプだと思うからです。
まっ、要は両方共使うってことです。

2012.04.20

マルチ張り

自宅の畑、トウモロコシを植える所2ヶ所と芋を植える所を1ヶ所、マルチを貼りました。

送信者 Bee Album-2

マルチを張ることに寄って、廃菌床が全部栄養になるかなぁ〜っと思って!

そしたら、大収穫が望めるし・・・・
端を埋めてないので、風が吹いたら中を風が通ります。
酸素供給にも役立つかな?

2012.03.21

廃菌床をもらいに行って来ました

今日も午後から時間ができたので、廃菌床をもらいに行って来ました。

行ったら先客の業者の方が2トン車に積み込みをしていました。
終わるまで30分ほど待っていたのですが、湯けむりが上がっていました。
そうです、発酵しているのです。
送信者 Bee Album-2

終わるのを待って、断面に手を当てたらほんわか暖かかったです。

下の方はかなり土に近いようでした。
表層10センチほどはカビでびっしりです。
送信者 Bee Album-2

あきらかに発酵しているのでよくないと思うのですが、このビッシリのカビはどうなんだろう?

やっぱ、悪いのかなぁ〜
畑に入れた廃菌床に着いたカビと変わらないような感じなんですけど・・・・
こっちのほうがカビがビッシリです・・・
送信者 Bee Album-2
私は、出たばかりの廃菌床を1立米ほど頂いて来まして、早速持って帰りまして今年借りた畑に入れたのですが、かなり登りがきつく、45リッター入のバケツで6回往復したらギブです。
残りは、自宅のつい先日廃菌床を入れた畑に追加で上から被せ軽く耕しときました。
かなり厚くなったのでちょっと心配です。
そうそう、今年借りた畑の一部にもぐらの穴みたいのを見つけました。
送信者 Bee Album-2

畑の上の段の方の話では、もぐらにホトホト困っていると言っていたので、もしかしたらオレン所にも来るかも〜〜と思っていましたが、ホントに来るとは・・・とほほ

また、アレを入れるか!

2012.03.20

廃菌床投入のその後

先日15日に廃菌床を畑に入れ軽く耕しときましたが、その後どうなったのかほじくって見ました。

送信者 Bee Album-2

うっすらとカビが回ってますね。

なんかいい感じだと思います。
すぐにでも定植してOKなんでしょうけど、苗がなんも有りません。
レタスにしてもまだまだだいぶ先です。
このまま寝かしとくしか無いです。

2012.03.15

廃菌床をいただきました

なんと結構近くにキノコ屋さんがありまして、嬉しいことに「好きなだけ持って行って下さい」とおっしゃって頂きました。

ここは、エリンギをメインで作っているらしく、つぶつぶの大きいのはキノコの一部みたいです。
嬉しいことに細かく砕かれた状態です。
もう後はせっせとバッグに入れるだけです。
ただ、ニオイがちょっと好きになれません。鶏糞のニオイも混じってるような独特の匂いです。
送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2

早速持って帰りまして、全部撒きまして浅くかき混ぜました。

全部入れるのに30分もかかりません。
送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2

明日も時間があったら貰いに行こうと思います。

2012.03.13

糸状菌発見

今年もトウモロコシを植える所に、トマトの用土のボラ土を片付けた土のう袋を置いてたんだけど、その土のう袋を何気に退かしたら、立派な白色腐朽金(糸状菌)の菌糸が伸びてました。

送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2

ここには、ハコベが繁っているんですけど、なんかヨサゲですねぇ〜〜

早めに、落ち葉チップを作って投入したいと思います。

2012.01.27

畝立て

まだ雪が残っているのに開墾中の畑に入り畝立しました。

送信者 Bee Album-2

土が濡れているので長靴の底が土で厚くなった。

ここの土は基本的に水はけはそんなに良くない。
そんな中、開墾のための草取りもしたんだけど、気づいたことがある。
セイタカアワダチソウの根が一面蔓延っている所の土はフカフカでサラサラしている。
軍手がそんなに汚れません。
と言っても、深さは10センチ位なものですが・・・
それより下は粘土質でガッチガチです。
放棄されて10年以上なるって言ってたけど、自然の力は凄いです。
フカフカの土は黒いんだけど、これは繁っているセイタカアワダチソウやクズの葉などが分解されて土に戻っていると思うんだけど、結果的に土がそこで増えていくんだよね。
今日作業をしていたら、モグラがいた。
え〜〜また悩みの種っつうか、仕事が増えたよ!
モグラどうしようか?
う〜〜ん   もぐら   しぇからしかなぁ〜 もう

2011.12.31

だいぶ枯れましたね

芋畑の蔓がだいぶ枯れました。

送信者 Bee Album-2

一部をめくったら菌類の付着がありましたので、なんかいい感じで進行しています。

全部枯れたら土をかけたいと思います。

2011.12.25

菌の黒汁を散布

一昨日バーク堆肥を入れていた所に、雪がちらつく超寒い中、菌の黒汁をジョウロで撒いて来ました。

送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2

最初、ワラを鋤き込む予定でしたが、バーク堆肥でもOKかな?と思い、ワラを買いに行ったその場でバーク堆肥に変更しました。

多分、菌の黒汁にはワラよりもバーク堆肥の方が今回のようなケースではいいだろう!
との、勝手な素人判断です。 ハイ
これで、肥料成分が早く抜けるのかどうか分かりませんが、化学肥料や一般的な堆肥を入れないので、定植した作物が不出来でも困るので、まあ結果を見てここ2〜3年はこんな調子で行く予定です。

Next »