2021.01.28

果樹などの苗木を植えた

山に早速、苗木などを植えに行ってきた。
まず、柿です。

柿を植える

左に、太秋柿
太秋柿

右に、ジャンボ富有柿
富有柿

生食できない柑橘類の“橘”
橘

無花果のロングドゥートを左に
ジャンボイチジクのロングドゥート

無花果のビオレソリエスを右に
ビオレソリエス

菓子クルミ
胡桃

蜜源植物のガウラ
ガウラ

そして、夏の蜜源植物“ビービーツリー”
ビービーツリー

2021.01.16

苗木が到着

楽天で注文していた苗木が着いた。
無花果,胡桃
無花果が、ロングドゥートとビオレソリエスです。
それと、菓子クルミですね!

2015.08.19

無花果収穫

知り合いの大工から挿し木の苗木をもらってから何年過ぎたんだろうか?

初めて無花果がなりました。
んで、つい最近の大雨の後急速に色づきだし、気がつけば実が割れてました!
手で触ってみたら簡単にとれた。

クロアリがタカってたので、フーフーして取り除いた。

写真を取るために、皿に移して撮影!

なんと私め、無花果を食べるのは生まれて初めてです。

味はというと、子供の頃よく食べていた「イタビ」とほとんど一緒でした。

むしろ、食感的にもイタビのほうが“うまい”ような気が・・・・!

今でも田舎の子どもたちは、イタビ とか食ってんのかな?
多分食ってないと思う。
そもそも、食える事を! 結構美味しい! 事を、知らないような気が・・・・

2015.07.21

無花果の様子

ミニ無花果なんだけど順調です。

無花果は水切れに弱いので切らさないように毎日でもジャバジャバやろうとおもいます。

2015.06.13

無花果の実

今年もミニ無花果の実が一応付いたんだけど、今年は食べたいなぁ〜

今年のはじめ、鉢をデッカイのに変えたら葉っぱがなんかエラい大きくなって元気いっぱいです。
去年は、栄養不足だと感じていたので落果しても、やっぱりかぁ〜! と思ったけど、今年はなんか食えそうな予感がしてます。

2015.04.02

無花果動く

時津のお姉さんとこからちょん切ってきた無花果なんだけど、若葉が展開し出しました。

無花果って強いよねぇ~

このまま枯れずに根付いてほしいです。

でもって、秋には実を食べたいです。

2014.06.22

今年は本物か?

今年は無花果が落下しないで残っているのが有ります。

今年は、もしかしたら自家製の無花果が食べられるかもね・・・

ミニイチジクなんですが、楽しみです。

下の写真で、カマキリの子供が警戒してこちらを睨んでますが、

なんもせんけんにらまんでぇ〜

2013.06.09

ミニイチジク

春先に付いていた実は全部落ちたので興味をそがれてしまい、あとは水の管理だけでよく見てなかったんだけど、今日ふとした拍子に実を見つけた。

送信者 bee Album-3
送信者 bee Album-3

可愛いのが1個成ってるよぉぉ〜 \(^o^)/ 

なんかめっちゃ嬉しい!

2013.03.18

無花果に

なんとミニイチジクの木に実がついていました。

送信者 bee Album-3

数日前には全く気が付きませんでした。

ミニイチジクだけになんか、ちっちゃぁ〜い ですね。
めちゃ可愛いです。
楽しみが一つ増えました。

2013.03.15

ミニイチジク

今年は、ミニイチジクが早く動き出しています。

送信者 bee Album-3
送信者 bee Album-3

これも今年実をつけてほしいなあ!

早く食べてみたいです。

2013.02.23

無花果を植え替え

無花果を植え替えました。

送信者 bee Album-3

今年実がつくといいなぁ〜

2013.02.22

ミニイチジクを植え替え

ミニイチジクをコンテナに移し替えました。

送信者 bee Album-3
送信者 bee Album-3

コンテナは、底もメッシュタイプを使用し、炭素資材は剪定チップだけです。

コンテナがメッシュなので、全方向通気性はバッチリです。
これで、時間が経過して下がってきたら剪定チップを追加するだけで一年間様子を見ます。
今年、実がつかんかなぁ〜

2013.01.06

果樹の地植え

2013年の始動です。

今日は、植木鉢で育てていた果樹を何本か地植えにした。
まず、カラスザンショウを3本。
送信者 bee Album-3

無花果を1本

送信者 bee Album-3

ミカンのデコポンを1本

送信者 bee Album-3

柿を1本

送信者 bee Album-3

やっぱ、植木鉢で無肥料・無農薬栽培は結構難しいものがある。

なので、複数本あるのは1本づづ残しあとは地植えにした。
まあ、これで比較もできるかな? と思う。
あと、残りの時間、90分ほど石拾いをした。
石拾いをしながら葛の蔓も掘り起こしながら処分した。
これが結構疲れるんだよね!
腰にもくるし・・・・
近いうちに剪定チップをたっぷり敷きに来なきゃです。

2012.08.08

ミニいちじく

ミニいちじくなんですが、午後完全に日陰になる場所に移動してから調子をあげてきました。

送信者 Bee Album-2

来季には実をつけて欲しいもんです。

早く食べたいなあ!

2012.03.31

無花果に新たな展開が

ミニイチジクですが、葉が展開仕出しました。

根がちょっとしかなく、しかも貧弱だったから心配してたんだよね!
送信者 Bee Album-2

来年は、10号鉢に移せるくらいに大きくなってほしい!

他の無花果はまだまだです。

2012.03.13

落ち葉チップを早速使用

作った落ち葉チップを早速使用してみました。

まず、無花果の表層5センチ位を混ぜました。
送信者 Bee Album-2

次に、活着したばかりのサンチェの株周りの表層10センチ位に残り全部入れ混ぜました。

送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2

サンチェをあらためてよく見たら、無肥料でも元気で育ってるようです。

落ち葉チップを沢山作る必要が出てきました。
もう、バーク堆肥も腐葉土も買う必要が無くなりました。
山に行けばある!

2012.01.21

無花果の用土入れ替え

無花果の土は、赤玉土に腐葉土を混ぜたものを使用していましたが、畑の土をベースとした用土に入れ替えました。

まず、小さい方からです。
送信者 Bee Album-2

根はまあまあ生えてました。

送信者 Bee Album-2

土は、畑の土を篩いにかけた石混じりのガラを半分、畑の土、ワラ、籾殻のくん炭を混ぜ、用土としました。

送信者 Bee Album-2

これで、一年間様子を見たいと思います。

送信者 Bee Album-2

次に大きい方です。
送信者 Bee Album-2

鉢が大きいのが良かったのか、それほど関係ないのか分かりませんが、根は結構生えてました。

送信者 Bee Album-2

この木の用土には、篩った畑の土にワラ、モミガラ、籾殻のくん炭、微生物を混ぜ使用しました。

送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2

送信者 Bee Album-2
最後に定位置に持って行き、水やりをしたのですが、石が混じっている方は水はけは申し分なかったですが、石が混じってない方は水はけがあまりよろしく有りません。
この差がどう影響してくるのか観察したいと思います。 
3月くらいにホワイトクローバーかヘアリーベッチを緑肥として植えようと計画しています。

2011.12.31

無花果

無花果も冬になり葉が落ちてしまいました。

あらためて見るとあまり枝が伸びていません。
こりゃ来年は実が付きそうにありません。(^_^;)
送信者 Bee Album-2

2011.11.15

無花果を衝動買い

コメリにプランターを買いに行き、ついでに苗のコーナーをブラ〜っとしたらミニイチジクの苗が価格を下げて売ってあったので思わず買ってしまった。

送信者 Bee Album-2

収穫まで2〜3年て書いてあるけど、気長に育てます。

んで、帰宅して早速定植しました。
送信者 Bee Album-2

根をきれいに洗ってみたら、根張りはソコソコです。

送信者 Bee Album-2

んで、今回いつもの畑の土に藁を混ぜて定植です。

送信者 Bee Album-2

マルチがわりの籾殻を敷き詰めて一等地に置きました。

送信者 Bee Album-2

2011.09.14

無花果の様子

無花果ですが、まだ成長しているみたいですね。

ゆっくりですが!
送信者 Bee Album-2
送信者 Bee Album-2

Next »