2018.02.18

手前味噌の仕込み

また、味噌を仕込んだ。

今日のも米みそで、材料は以下。

大豆2kg
麹4kg
塩1,080g
大豆煮汁1,000cc

IMG_2343.jpg

IMG_2345.jpg

今日もミンサーで楽勝でした。
今日は、エコパラダイスペールに詰めたら全部入りきりました。
これから味噌はエコパラダイスペールがいいなぁ〜
いきいきペールにしろエコパラダイスペールにしろ、そう対して変わらんやろ!と思ってるんで。

カビ防止の味噌蓋に、地元で買ってきてた酒粕(300g)を使ったんですが、少し硬くて伸びが悪いために足りなかったんでネットから買ったのを少し足した。

今年は、あと2キロ作るよぉ〜

2018.02.17

大豆のハンドピック

明日、味噌を仕込むんで大豆を浸漬する前にチェックしてみたら、やっぱ欠点豆や虫食い豆を発見!

なので、ハンドピックしました。

IMG_2337.jpg
2キロの豆からこんだけ欠点豆が出ます。
その分補充が必要です。

IMG_2332.jpg

ぬるま湯を入れ浮いてきた豆をチェックしてみたら虫食いでした。
割れも相当あるようですが、浮いてこなかったのはそのまま続行します。

味噌を仕込む前の大豆のハンドピックをしている人ってネット上では見たこと無いんですが、皆そがんことせんやろうね!

パンを焼いた

こないだ、“究極のHBブリオッシュ食パン”っていうのを見つけて、うまそうだったんで材料を揃えて焼き立てを食べてみました。

◼材料
強力粉:220g (※もちろん無肥料・無農薬栽培の粉です)
薄力粉:30g  (※もちろん無肥料・無農薬栽培の粉です)
甘味料:50g  (自前の蜂蜜を使用!)
塩:3g
ドライイースト:3g (有機穀物で作った天然酵母を使用)
バター(先入れ60g+後入れ40g):100g (醗酵生クリームから作った澄ましバターを使用)
卵(新鮮なもの) L3個全量で190mlになるようにする。
※足りなければ豆乳または牛乳を足して計190mlにする。

1.材料は全て冷やしておく。 冷やさんやった!
卵を溶いて計量カップに入れ、190ccにいかなければ牛乳を足す。
2.材料とバター60gをHBのパンケースに入れ、ドライイーストは自動投入口に。
※食パンコース焼き色「淡」でスタート!
3.具入れコールで後入れバター40gを入れ再度スタート。 最初から全部入れてもOKでした。

コツ・ポイント
■焦げやすい生地なので、焼き色は「淡」に設定するか、焼き上がり8〜10分前ぐらいで取り出してください。
■卵は新鮮で美味しいものを使うと格別です!

IMG_2328.jpg

IMG_2330.jpg

焼き立てを熱いうちに食べてみたんですが、期待してたほど美味しくもなかった。(T_T)
不味いわけじゃないけど、普通の食パンを焼いてはちみつバターで食べたほうが美味いと思う。

水の代わりに卵だったんで期待してたんだけどね・・・・・・・・

2018.02.10

手前味噌の仕込み

今日は、あいにくの雨で天気が悪いんで手前味噌を仕込んだ。

今日の麹は麦麹です。

IMG_2221.jpg

材料は、
大豆2kg
麦麹4kg
塩1,080g
大豆煮汁1,000cc
蓋用の酒粕250g

事前に麹と塩を混ぜときます。
IMG_2223.jpg

今日もいい感じで煮上がりました。
IMG_2225.jpg

今日は、新兵器投入です。
IMG_2227.jpg

IMG_2228.jpg

いい感じでスムースに擦り上がりました。  グっ!
IMG_2229.jpg

煮汁を合わせ混ぜ込みます。
IMG_2231.jpg

いきいきペールにグーでキチキチに詰め込みました。
IMG_2233.jpg

今回から、酒粕で蓋をします。
無肥料・無農薬栽培仕込みの酒粕です。
IMG_2234.jpg

1回目失敗です。
IMG_2235.jpg

上下にラップを敷いたら上手く行ったで!
IMG_2236.jpg

蓋をしてヘラで慣らして仕上がりです。
IMG_2238.jpg

酒粕がいい匂いがします。
なんか、ちょっと酔っ払ったバイ!

2018.02.07

白味噌作り

近々ヴィーガンチーズケーキに挑戦するため材料を揃えるにあたり、白味噌で無添加なのが売ってなかったんで考えた末に自分で作ることにした。
ヨーグルティアを使えば簡単に作れそうです。

で、作ってみました。

IMG_2209.jpg

味見したら、なんか味噌っぽくなってました。
IMG_2210.jpg
煮汁を全く足してなかったら硬かったんで適当に混ぜて柔らかくして冷蔵しました。
今はまだ荒いですが、どうせフープロにかけるんで問題なしです。

あと、カシューナッツバターを作れば材料は揃います。

今、浸漬したカシューナッツを乾かしている最中なんで後数日で揃います。

2018.02.02

チーケをまた作った!

チーズケーキもどきをまた作った!

今度は、生クリームを乳酸菌で発酵させたサワークリームを使用。

材料

◼ボトム
ビスケット:100g
今回も、タルト生地用のやつを焼きました。

◼フィリング
サワークリーム:400g
水切りヨーグルト:200g
卵:2個
蜂蜜:100g
レモン汁:小さじ2

今回は、ボトムをVitamixでキレイに粉砕し押し固めました。

IMG_2165.jpg

IMG_2169.jpg

ヨーグルト投入↓
牛乳を植物性乳酸菌で発酵させて、2日間しっかり水切りしました。
IMG_2168.jpg

サワークリーム投入↓
開けてみてビックリ!!
なんだ?このピンクの粒は!
アップで見るとヤバいなぁ〜
見なかったことにして続投します。
IMG_2170.jpg

IMG_2171.jpg

蜂蜜投入↓
IMG_2172.jpg

溶き卵投入↓
IMG_2173.jpg

全てをいれて、トントンと軽く空気抜きして160度で40分焼きます。
IMG_2174.jpg

IMG_2178.jpg

一昼夜冷蔵庫で寝かして、食べてみました。
IMG_2183.jpg

なんか、水っぽいです。
この水っぽいのが抜ければ、結構美味いかも!

2018.01.31

みその仕込み

2018.01.29 
今年もみそを仕込む時期がやってきた。

去年、九州産の無肥料・無農薬栽培の大豆“フクユタカ”が販売されるのを待って買い込んでいました。
早速、2キロ水に漬け込みます。

が、去年少しだけ使っていた大豆に虫食いが有ります。

う〜〜ん、コーヒー生豆に続き欠点豆をハンドピックするとは・・・
とほほです。(T_T)

水につけても何か変です。

IMG_2139.jpg

IMG_2140.jpg

IMG_2142.jpg
————
2018.01.30 

朝、鍋を仕掛けてから出勤しました。
3時間後、豆はキレイに茹で上がってました。

IMG_2147.jpg

IMG_2148.jpg

今年は、ミンサーをネットから買いました。
これでちっと楽になります。
IMG_2145.jpg

が、そうは甘くはありません。
豆が少ししか入らないために、「めんどくせぇ~!」

ドバっと入れるホッパーが欲しいなぁ〜

ホッパー付きのは高かったんですよねぇ~  (T_T)
しょっちゅう使うもんでもないんでケチりました。
しょうがないから、チビチビ入れながら仕込みます。

IMG_2151.jpg

ナントカ2キロ分擦りましたよ・・・・・・・・

IMG_2152.jpg

マゼマゼして、
IMG_2154.jpg

IMG_2156.jpg
いきいきペールに入れます。
ホントは、ジップロックに入れてからペールに入れる予定でしたが、大きいジッパー付きの袋が売ってなかったんで、取り敢えず漬物袋にキチキチまで入れました。
空気にさえあまり触れさせなければOKなんで今回はこれで行きます。

次回のために袋をネットで探してみよう!

尚、今回の分量は、

大豆2kg
麹5kg 
塩1,080g
大豆煮汁1,000cc

でした。

2018.01.18

クリチにリベンジ

前回クリームチーズの出来がてんで悪かったんで、リベンジしました。

レシピは以下の通り
————————————————————
濃厚クリームチーズの作り方

材料
・雪印生クリーム200㏄…2個
・ヨーグルト180g
・レモン汁…大匙3orクエン酸…3g

道具(※要煮沸消毒)
・ボウル
・ステンレス鍋かホウロウ鍋
・オタマ
・濾布
・ザル
・温度計

▼高級クリームチーズ作りSTART!

生クリームとヨーグルトを鍋に入れ軽く混ぜる。

80度まで温め、クエン酸orレモン汁を投入し15分攪拌したら布で濾す。
※牛乳を使ったカッテージチーズ作りの様にモロモロはしない。

カードを濾す。
ボール・ザル・布のセットでカードというか乳脂肪を濾す。
この状態で冷蔵庫で24時間ホエーを自重排出させて完成。
————————————————————
ヨーグルトも牛乳から作りました。
IMG_2093.jpg

IMG_2094.jpg
15分後↓
IMG_2096.jpg

24時間後

IMG_2111.jpg

IMG_2113.jpg

IMG_2114.jpg
356グラムほど、なかなかいい感じのクリチが出来た。

次は、これを使ってチーズケーキを作ってみます。

2018.01.15

さばの味噌煮

前々から一度作ってみたかった“さばの味噌煮”を作ってみた。

IMG_2091.jpg

メチャウマでした。

レシピは以下の通り
————
さばの味噌煮
さば 1尾分 2尾分
しょうが 1/2片(3~4cm) 1片(5~6cm)
■煮込み用の調味料
水 200cc 300cc
酒 100cc 150cc
みりん 大さじ2 大さじ3
砂糖 大さじ2 大さじ3
みそ 大さじ1 大さじ1.5
■仕上げ用の調味料
みそ 小さじ2 大さじ1
しょうゆ 小さじ1 小さじ1.5
————————————————————-
◾ さばは食べやすい大きさに切ります。
◾ 1尾そのままなら、筒状に切ります1尾そのままなら、頭と尻尾を切り落とし、内臓を取り除き、筒状に6~7等分に切ります。
◾ 皮に切れ目を入れます皮に十文字に切れ目を入れます。
◾ ボウルにさばを入れますボウルかバットに、さばをなるべく重ならないように入れます。
◾ さばの臭み取り用のお湯を用意します。
鍋にお湯を沸騰させ、水を少しだけ足して、90~95℃くらいのお湯を用意します。
100℃の沸騰したお湯ではなく90℃程度のお湯を使用するのは、よく沸騰したお湯を魚にかけると、さばの皮が破れてしまうことがあること、さばの臭みの元を固めて洗い流すには、90℃程度のお湯で充分なためです。
◾ さばがかぶるくらいにお湯を注ぎ、菜箸などで全体をやさしくかきまぜて、さば全体が霜降りの状態になるようにします。このようにすることで、さば表面の汚れやぬめりを固めて洗い流します。
そっとお湯から引き上げたら、臭みの元となる血合いの部分は、取り除いておきましょう。
◾ 煮汁の用意をします。 しょうがは薄切りにします。
◾ 煮込み用の調味料を火にかけて溶かします。
◾ 調味料が溶けたら、さばを皮を上にして並べます調味料が溶けて、全体がきれいに混ぜ合わさる程度に軽く煮立ったら、さばの皮を上にして並べます。筒状のものを使う場合は、皮ではなく身の部分が上下になるように並べます。
◾ 圧力鍋を高圧にセットし、ふたをして加熱します。
◾ 最初の5分は、中火でおもりが揺れるくらいの火加減圧力がかかったら、20~25分間、加圧します。
みそや砂糖が入っており、焦げやすいですので、最初の5分間は、おもりが揺れるくらいの弱めの中火で加熱した後、
◾ 残りの15~20分は、弱火で煮込みます5分経ったら弱火にします。そのまま加圧を続け、15~20分経ったら火を止め、圧力が抜けるまで自然に冷まします。
◾ 仕上げの調味料を加え、ひと煮立ちさせます煮汁をお玉1杯すくい、仕上げの調味料をよく溶かしてから加え、ひと煮立ちさせてとろみがついたら、火を止めて1時間以上冷まし、しっかりと味を含ませて完成です。
————————————————————

次回は、時間を掛けてじっくりと煮て骨もホロホロなるまで煮込みたいと思います。

2018.01.08

チーズケーキ作り

2018.01.08 

最近ハマっているチーズケーキ

チーケを作るにあたって今回は、クリームチーズとボトムのタルト生地を作ってみたいと思います。
まず今日は、クリチを作ります。

ヨーグルトは、あらかじめいつも豆乳ヨーグルトを作っている植物性乳酸菌で作っときました。

レシピは、ここのを参考にしました。

一応、リンク先が無くなると困るんで、載せとこうかな!

ここから————————————————————
グレープフルーツジュースで作るクリームチーズ

ホエイも美味しい!全てが美味しいチーズレシピ!
レモンでは無くグレープフルーツジュースが決めて

クリームチーズやサワークリーム作りには、このグレープフルーツが最適である。レモンほど酸味がなくブドウやりんご程甘くない。

材料
・ヨーグルト…400g位
・クリーム…200㏄位
・牛乳…500㏄位
・グレープフルーツジュース…400㏄

出来上がるクリームチーズの量
・500g前後(使用する材料で異なる)

牛乳+ヨーグルト+生クリームを80度まで温める。
弱火で攪拌しながら温めます。温度計がなければ、沸騰しない程度でOKです。

グレープフルーツ400㏄を入れて、引き続き弱火で温度を保ちつつ、10~15分ほど攪拌します。
大体5分位で、牛乳が、もろもろとしてきますが、ヨーグルトとクリームの乳脂肪が多いので、凝固の確認が分かりづらいです。
15分位攪拌したら、火を止め蓋をし15分ほど放置します。
(時間がなければ放置しなくてもいいですが、じっくり作ると美味しく仕上がります)

濾します
一気に牛乳を入れるとあふれてしまうので、濾しながら、徐々に入れていきます。

ホエイが美味しい!
グレープフルーツで牛乳のカゼインを凝固させた場合、残ったホエイタンパクはグレープフルーツ味で非常においしいです。筋トレなどしている方には最良のプロテインとなります♪

冷蔵庫で24時間ホエイを自重排出。

24時間後:完成。
ホエイはほぼ排出され濃厚なクリームチーズが完成。
————————————————————以上

IMG_2055.jpg

IMG_2056.jpg

IMG_2058.jpg

IMG_2059.jpg

IMG_2060.jpg

IMG_2063.jpg

IMG_2064.jpg

IMG_2066.jpg

ホエイを暖かいうちに飲んでみたら、まぁ〜まぁ〜だったんで冷蔵庫に入れ冷やすことにした。

クリチがほんとに出来てるのかどうかは、味見してないから分からんけど見た感じはOKです。

————————————————————

2018.01.09 

昨日に引き続きチーケ作りです。

まず、ボトム用にタルト生地を作ります。

レシピ
ここから————————————————————
★チーズケーキの為のタルト生地★

◼材料 (18㎝型 1枚分)
バター50g
はちみつ30g
卵黄 1個
薄力粉100g

①バター、卵は室温に戻しておく。
②薄力粉はふるう。
③オーブンは180℃に予熱。
ボウルにバターを入れクリーム状になるまで練り、はちみつを2,3回に分けて加え混ぜる。
※泡立て器に少し詰まる位の固さでOK。
なじんだら卵を少しずつ加えながらよく混ぜる。

薄力粉も加え、ゴムぺらの裏側におしつけるようにして混ぜ合せる。

生地がまとまったらラップに包み、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

生地を伸ばし180度のオーブンで約10分〜15分様子を見ながら焼く。焼色が付いたらOK。

焼けたら型ごと粗熱をとる。
————————————————————ここまで

IMG_2068.jpg

IMG_2070.jpg

IMG_2071.jpg
レシピでは1時間以上寝かせるってあるけど、そんな時間無いんで即焼きました。
ビスケットの変わりだから問題なし!
焼き上がりもオケ

ボトムを焼いてる間にチーケの生地を作ります。

IMG_2073.jpg
なんか、クリチの出来がイマイチの感じだな!
取り敢えず、作って焼いてみる!
IMG_2074.jpg

焼き上がりの見た目はオケ

でも、焼いている途中のニオイはイマイチでした。

翌日食べてみたら、やっぱしクリチの出来がイマイチだったんでそれなりです。

濃厚なのを望めば、市販のクリチに限るなぁ〜

もう一度、クリチを今度はレンネットを使って作ってみようと思います。

2018.01.05

肉の日!

先週は、すっかりっていうか年末で忙しくてなんか食いそびれてしまったんで、久しぶりのステーキです。

IMG_2051.jpg
今回は、澄ましバターでいつもの様に焼いてみた。

やっぱ、脂身のない赤身肉が最高です。

2017.12.26

鯛でボーンブロス

スーパーに行ったら、養殖物やけど鯛のあらが格安で売ってたんで思わず買ってしまった。

IMG_1964.jpg

これを、お湯で血なんかをキレイに洗い、この鯛は圧力鍋で煮ていきます。

最大火力で沸騰したら、中火にして20分ほど煮て、とろ火にして翌朝まで放置!

所が、コンロの調子が悪いのかいつの間にか火が消えてました。
いつ消えたのか分からんから、また沸騰させてからとろ火にして放置!

仕事から帰ってきたら、火がやっぱし消えてました。
ですが、なかなかいい感じで出汁が出てますね!
IMG_1969.jpg

所が、玉ねぎやネギを入れ忘れていたんで、再度煮詰めます。
IMG_1970.jpg

仕上がったのがこれ↓!
IMG_1974.jpg

これを、半分にとりわけ味噌を溶きいただきました。

圧力鍋で煮たんで骨も柔らかくなっており、目玉以外は全て食べました。
鱗は無かったなぁ〜

溶けたんだろうか? 鱗が?

この鯛のスープ!
牛とはまた違った味がして“めっちゃ旨かった”です。

これからも、時々作ろう

2017.12.14

グラスフェッドビーフ

先日、母親や妹を連れてこっちじゃ割りと高級な焼肉屋に行ってきた。
10年くらい前にも行ったんだが、やはり高いだけあって“めっちゃ旨かった”のを覚えていたために、妹のリクエストでここに決めた。

しかしである!

当時とはまるで食生活が変わってきているんであります。
歳もとりました。

運ばれてきたロースやカルビなど美味そうだったんですが、うまかったのは一口だけで後は肉の脂でギットギトでした。
もう既に頼んでしまった後で、消化するだけです。
安いホルモンが一番うまかったですねぇ~

店を出ても匂いを嗅ぐだけで気分が悪くなりました。

今回生まれて初めて下●で目が覚めました。
しかも、計3回です。

もう二度と焼肉屋に行くことは無いでしょう。

 

 

んで、肉が全くダメになったなわけじゃ無いんです。

最近は、ネットから取り寄せたNZ産の赤身の肉を週イチで食べてます。

IMG_1913.jpg

IMG_1914.jpg

IMG_1915.jpg

店舗おすすめの“油揚げ焼き”に挑戦してみました。
油は、自分で生クリームを発酵させて作った“澄ましバター”を使いました。
切ってみるとほとんど生ですが、なかなか旨いです。

この肉は食べても下ることは無いです。

やっぱ、肉は赤身だよねぇ~

2017.11.22

久々の肉じゃ!

足を骨折する前に、肉が無性に食べたくなって、かといってそこら辺のスーパーで買って食べたくもないんで、ネットのミートガイっていう店舗からグラスフェッドビーフを買ってみた。

IMG_1859.jpg

調理方法は、フライパンにGheeを大さじ一杯垂らし最弱火で両面を1分、んで最強火で30秒づつ焼き、すぐにアルミホイルに包みました。
急いで味噌汁を作り食べました。

調味料は、食べるときにピンクソルトを振りながら食べた。

この肉、筋がちっと多かったですがまぁ〜まぁ〜美味かったです。

 

まぁ〜 写真で見ても  ほとんど生ですね!

2017.10.25

味噌がイイ感じ!

晩飯の味噌汁を作るための味噌を小分けするために久しぶりにペールの蓋を開けてみたら

IMG_1794.jpg

IMG_1796.jpg
な、感じで

おぉ〜  いいかんじじぁ〜ん!

で、味噌汁がうまかったぁ〜

今日の具は、こないだ無肥料・無農薬栽培の大豆で作った豆乳のカスのオカラです!

Vitamixで粉砕したオカラは細かくてめっちゃ旨いんです。

写真トルの忘れてた。

2017.08.09

イノシシ肉を買ってみたんだけど

前々からイノシシ肉に興味があったんです。
何故かと言うと、スーパーで売られている殆どの肉は色んな物を食べさせられて、本来人間の食材とは遠くかけ離れた物になっています。

だから、肉は自分のお金を出してまで買っては食べません。

ですが、イノシシ肉なら遺伝子組み換え作物が入った飼料は食べてないでしょう!
ホルモン剤や注射なども無いでしょう!

んで、たまたま入った産直にあったんで買ってみた。

IMG_1280.jpg

IMG_1281.jpg

IMG_1283.jpg

塩麹に漬け込んで、翌日から毎日1枚づつステーキで食べているんだけど、ちょっと臭味があるけど“旨い”

上等のヒレステーキとおんなじくらいうまい!

しかも、日が経つに連れ旨さが増しているような感じです。

2017.07.06

Black Prince Tomatoでピザソース作り

今年は、Black Prince Tomatoが結構成ってるんでピザソースを作ってみた。

IMG_1177.jpg

IMG_1178.jpg
何か、Black なだけあって既に黒いです。

IMG_1180.jpg
出来上がりは、そんなに黒くはない。

でも、めっちゃ旨い!

ピザソースとして今までで1番です!

2017.05.13

米麹造り3度目の正直

米麹造り!
ホント、3回目で良いのが出来た感じです。

IMG_1016.jpg

IMG_1017.jpg

IMG_1018.jpg

甘酒を作るべく、玄もち米を仕込みました。

2017.04.20

なんちゃって麹

手前味噌でいい気分になったもんだから、米麹作りにも挑戦してみた。

米は、無肥料・無農薬栽培のササニシキを玄米で買ってあるのを3合精米して使用した。
IMG_0842.jpg

IMG_0844.jpg
圧力鍋で10分蒸しました。

ヨーグルティアで、30度48時間でセット!
IMG_0863.jpg
24時間後一度取り出してほぐし、48時間経過後が↑
IMG_0937.jpg
米3合で、590グラムほど出来ました。
IMG_0938.jpg

↓これは、いつも買っている米麹です。
IMG_0939.jpg

IMG_0940.jpg
比較のために写真で見てみるとオレが作った“なんちゃって麹”も捨てたもんじゃない!

感じがする。

問題は、甘酒を作ってみればわかりますね!

取り敢えず、冷凍保存しときます。

手前味噌

今年になって、何か知らんけど味噌を作ったわけなんですが、ジップロックに入れて保温庫で醗酵させてたやつが、なんかいい匂いがして見た目もなんか“味噌”らしく成ってきている。
IMG_0942.jpg
最近は、この味噌で味噌汁を毎日作っているんですが、もうそこら辺に売っている味噌とは一線を外します。

めっちゃ “美味い” です。

ネットで買った、キロ1500円クラスの味噌よりも数段上の優しさと旨さです。

もうすぐ無くなるけん、いきいきペールから少し取り出して醗酵をはやめんばバイ!

Next »