« | »

2014.07.15

日本蜜蜂の保護捕獲

仕事の知り合いから、解体している家の床下に蜜蜂の巣があるから取りに来て!
と、連絡があったので蜂友と行ってきました。

巣は、稀に見る超巨大です。
私の経験上ではベスト5に入る超巨大でしかも超強群です。

粛々と吸引とカットを進めていきます。

写真はここまでなんですが、写真を見て想像できると思いますが、長いです。

そして、蜜もタップリと有りました。

今回は蜜を、今年貯蜜された巣蜜部分と、その他の部分とに分けて慎重にカットしました。

多分、合わせて40キロ以上あったんじゃないかな?

朝09時作業開始から終了まで5時間ほどかかりました。
もちろんその間飯抜きです。

もう、腹減ってフラフラに成ったけど、蜂の数が今までで最大級だったので、死蜂のリスクを避けるためには出来る限り作業時間を短くして早く中蓋を取る必要があったから老体に鞭打って ぎばったぜ \(^o^)/

箱を予定の位置に据え付けて、ついでに垂れ蜜もして・・・・・

 

フラフラ だぁ〜

———————————

翌日

逃げずに、ちゃんと居てくれてました。

ここの養蜂場、つい先日まで4群いたんですが気がつけば3群居なくなってます。
2群は洋バチによる盗蜜で逃去したようなんですが、あと1群はなんでいないんでしょうか?

内検する時間がないので原因は分かりません。

結局、保護してきた群を入れて計2群のみになってしまいました。
最強群も本日、蜂子出しが始まったのを確認した。

いったいどうなってるのか?

乳酸発酵させた砂糖水を給餌したいんだけど、いなくなった3群に共通しているのは、乳酸発酵させた砂糖水を給餌したことです。

給餌して間もなく洋バチに襲われているようなので、ちょっと考えてみようと思う。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>