« | »

2014.03.24

米粉作り

豆乳ヨーグルトを作って食べるように成って間もなく1年になろうとしています。

まずは、米のとぎ汁乳酸菌作りに結構苦労してなかなか発酵が上手く行かなくて「んこくさいヨーグルト」も食べました。
(※因みにくっさいおならがブースかブースか出た。)

塩を少しだけ多く入れると、んこ臭くなく成ることが分かってからはほとんど失敗が無くなった。

少々塩っぱくてもヨーグルトにするとわかんなくなるのでOKにしてます。
んこクサイより断然マシです。

なにしろんこくさいとヨーグルト自体を食べれませんから・・・

それで、今年になってから例の福島の放射能の関係で、あちらから出荷される食材はもう既に、本来我々人間が食べられる食材では無くなっていることに気づきました。

風評被害とか、そんなレベルでは無くなっています。
特に、海産物においては思い切りアウトです。

食べるにはそれなりの覚悟が必要だと考えています。

太平洋産のマグロも私は食べないようにしています。
一番やばいストロンチウム90が蓄積されている懸念を払拭できません。

そうゆうことから、関東や東北に住んでいるとそれなりのリスクは当然ながら否応無しに降りかかります。

色々とネットから情報を仕入れてその中から信用できそうな情報を絞っていくと、免疫力を高めると病気になりにくく成り、ガンの予防も可能という結論に達した。

少食と粗食

これこそが到達点!

そっ  「乳酸菌生活」です。

私は畑では、無肥料・無農薬栽培をしています。

土の中にいる微生物に農作物を育ててもらっています。
その微生物が多いほど作物はよく育ちます。
これは、実際にやってるのでわかっています。

私は、その微生物を沢山増やすために微生物の餌の元となる炭素資材をせっせとやっているのです。
そうすれば、野菜は病気にも成らずにスクスクと育ちます。

これと同じで、私自身の体もハラの中にいる「微生物」っていうか乳酸菌に栄養の供給をしてもらおうと思います。

その乳酸菌を食べて増やしもちろん乳酸菌の餌となるオリゴ糖も一緒に摂ります。

この乳酸菌生活に本格的に移行するにあたって、乳酸菌を作るのがちぃ〜〜と面倒なので、植物性乳酸菌の中で最強と言われる(飯山センセがゆうてた)蓬の乳酸菌をネットから買って、豆乳ヨーグルトを作ろうと思ってネットから買ったんだけど、着いた品は私の思いをかけ離れてた品でした。

着いた時点で少し んこくさかった!

豆乳ヨーグルトを作ってみたら、んこくさくて激マズで食べられませんでした。
もうクレームつけて返金もしくは交換を申し出ようとも考えたけど、面倒くさいのでやめました。

勉強代です。

なので、乳酸菌はこれからも自作しなければいけなく成りました。

それで、もう米は炊かなくなるので「米のとぎ汁」は手に入らなくなります。

色々と考えた挙句、私は今もかなり残っている玄米を粉にすることにしました。

そうです、米粉を作るのです。

作り方をネットで検索したら、精米した米を水に漬けて・・・・・とあったけど、それは出来ません。
水に漬けずに粉にします。

取り敢えず1合作って見た。
米粉

最後はすり鉢ですってみたけど期待してた微粉末にはなりませんでした。
生の米って結構硬いんだよね!

まっ 取り敢えずこの米粉で乳酸菌を作ってみた。

ペットボトル500ccに対して
米粉×大さじ2
砂糖×大さじ1ちょい盛り
塩×中さじ×1ちょい盛り

この分量で、丸1日でペットボトルがパンパンになって発酵はめちゃOKでした。

じゃあ、米粉を減らすとどうなるの?の実験を今日仕込みました。

米粉大1と1.5で実験です。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>