« | »

2014.02.19

wordpressのテーマ “twentyten” のカスタマイズ

これまで、ブログはmtを使用し、HPは、アドビ社のソフトを使用してきたが、今年メイン(mac)を買い換える予定なので、これを機会にソフトなどを見なおした。

調べた結果、ブログもHPもwordpressでできることがわかった。
しかも、全て無料ででき有料ソフトなんか全く使用しないでもソコソコのサイトが出来上がった。

この記事は、wordpressのテーマである“twentyten”をカスタマイズする際に重要な事を備忘録として残すものです。

 

xreaやcoreserverでtwentytenに画像をアップ出来るようにするには、
wp-adminに.htaccessを作り、

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

と記述する。
なお、ヘッダー画像に合わせてfunctions.phpも書き換えが必要!
109行と110行を画像に合わせて書き換えること!

 

contact-form-7の郵便番号入力蘭に郵便番号を入力すると、都道府県、市区町村まで自動で入力できるようにするには、AjaxZip3のスクリプトを使用する。
テーマのheader.phpファイルの</head>の上に

<!– 住所自動入力 –>
<script type=’text/javascript’ src=’https://ajaxzip3.googlecode.com/svn/trunk/ajaxzip3/ajaxzip3-https.js’></script> <script type=”text/javascript”> //<![CDATA[ jQuery(function(){ AjaxZip3.JSONDATA = “https://ajaxzip3.googlecode.com/svn/trunk/ajaxzip3/zipdata”; jQuery(‘#zip’).keyup(function(event){ AjaxZip3.zip2addr(this,”,’pref’,’addr’); }) }) //]]> </script>
<!– 住所自動入力ここまで –>
</head>

と記述し、(注意:上のコードは多分ダメなので検索してコピペしよう)
contact-form-7のフォームに

郵便番号(必須)
※郵便番号を入力すると、都道府県、市区町村までは自動で入力されます。
[text* zip id:zip 10/ placeholder “例)852-8000”]
都道府県(必須)
[text* pref id:pref 10/]
住 所(必須)
[text* addr id:addr 20/]

のように記述する。これでOK! 感動モノ!

サイドバーの上部を下げるには、
/* Main sidebars */
#main .widget-area ul {
margin-left: 0;
padding: 30px 20px 0 0;
に変更した。

タイトルにShadowをつけるには、

#site-title {
float: left;
font-size: 18px;
line-height: 8px;
margin: 0 0 1px 0;
width: 700px;
text-shadow: 2px 1px 2px #999;

のようにする!

このブログも、テーマをtwentytenに変更し、3カラムにカスタマイズして見ようと思う。

まっ 見た目は何も変わらんようになるけど・・・

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>